簡単さくさく インジケーターのカスタマイズ・自作の習得!

Print関数でエキスパートにログを表示

スポンサードリンク

ログの出力

メタトレーダー MT4のインジケーターでエキスパート画面にログの表示するには、Print関数を使います。
インジケーターの中でPrint関数を使うとエキスパート画面にログが表示されます。

Print関数は、インジケーターの作成中に動作などの確認で使うので重宝します。
エキスパート画面の表示方法はこちらです。
エキスパートの表示

Print関数の使用例

インジケーターのstart()関数に下記のようにして、保存、コンパイル。

int start()
  {
//----
  int a=10;
  double b=3.1415926535;
  datetime jikan=TimeCurrent();

  Print("Konnichiwa!");
  Print("a=", a);
  Print("b=", b);

  // DoubleToStr()でbの数値を小数点以下7桁まで表示の指定
  Print("b=", DoubleToStr(b,7));

  // 時間の表示
  // TimeToStr()で時間を文字列に変換して表示
  Print("jikan=", TimeToStr(jikan));

//----
   return(0);
  }

MT4でこのインジケーターを実行すると、エキスパート画面に下記のように表示されます。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

*

スポンサードリンク

About me

プログラマー。FXでMT4を使い始めました。
インジケーターをカスタマイズしたり、自作したくて
調べたり、勉強したことをブログ記事にしていきます。